スマホの文字入力アプリ「Gboard」の使い方

Gboard

Google開発の仮想キーボード「Gboard」について使い方を解説していきます。しっかり使いこなしてスマホライフを快適にしましょう。

Gboard - Google キーボード
Gboard – Google キーボード
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

Gboardとは

Gboard(ジーボード)はGoogleが開発したAndroidおよびiOSデバイス用の多言語対応仮想キーボードです。

Androidには標準で搭載されており、初期設定では文字の入力にGboardが使用されています。

Google検索による検索予測を含むウェブ検索機能や文脈に応じて次の単語を提案する予測変換、絵文字入力、共有機能を備え、多言語入力をサポートしています。

また、アップデートにより顔文字、ダークテーマ、キーボードの背景画像の追加、音声検索、予測変換、手書き認識での絵文字入力などが追加されました。

Google日本語入力との違い

同じGoogleからリリースされている『Google日本語入力』は日本語入力にのみ対応しており、iOSデバイス版はありません。また『Gboard』の方が多機能で拡張性に優れています。

ボタンの役割

文字種キー

記号・絵文字キー

スタンプ

クリップキーボード

設定

テーマ

メニュー

フリック入力とは

スマホの文字入力はフリック入力が基本です。「Gboard」のような仮想キーボードを使って入力します。

仮想キーボードに表示されている各行のあ段(あかさたなはまやらわ)の文字をタッチすると文字が入力されます。タッチしてそのまま指をずらすと各行のい段・う段・え段・お段の文字が入力されます。

このように指をスライドさせて文字を入力することをフリック入力と呼びます。

フリック入力の説明
指をスライドすることで文字を入力する

濁音や半濁音の入力

例えば「ば」や「ぱ」を入力する場合、まず「は」を入力して(①)左下の「大⇔小」キーをタップすると「ば」に変換され(②)、もう一度「大⇔小」キーをタップすると「ぱ」に変換されます(③)。

Gboardでは、ば、ぱの入力
「は」を入力して「大⇔小」をタップ

特殊な文字を入力する

アルファベットや数字を入力する

ここではアルファベットをパソコンのキーボードのように「QWERTY」で入力する場合の説明です。

Gboardの⚙「設定」から「言語」をタップします。

Gboardの言語設定

日本語(12キー)をタップし「英字入力はQWERTY」のスイッチをタップしてオンにする。これで「QWERTY」が設定されました。

GboardのQWERTYを設定する

アルファベットを入力する時はGboardの左下にある「あa1」を1回タップすると「QWERTY」モードに切り替わります。

もう一度「あa1」タップすると「テンキー」モードとなり数字を入力することが出来ます。

Gboardでアルファベットと数字を入力する

カッコや記号を入力する

記号などの特殊な文字を入力する方法はGboardの左側にある「記号」キーをタップして、絵文字・記号入力画面に切り替えます。

次に「☆」アイコンをタップするとカッコ、数字、@、#、%などの特殊文字を入力することが出来ます。

通常のキーボードレイアウトに戻す時は左下の「あいう」をタップしましょう。

Gboardで記号を入力する

絵文字や顔文字を入力する

絵文字を入力したい時はGboardの「記号」キーをタップして記号入力画面に切り替え、画面下にある絵文字のアイコンをタップします。上部に出るカテゴリアイコンで顔、乗り物、食べ物、動物など様々なジャンルの絵文字を選ぶことが出来ます。

顔文字を入力したい時も「記号」キーをタップしてから下部の絵文字アイコンをタップします。そして上部のカテゴリアイコンで表示を切り替えることが出来ます。沢山の絵文字が用意されていますよ。

Gboardで絵文字と顔文字を入力する

ステッカーを使ってみる

Gboardには「ステッカー」と言われるキャラクターの絵を入力することが出来ます。

Gboardの「記号」キーをタップしたら下部にあるステッカーアイコンをタップします。上部のカテゴリアイコンで別の種類のステッカーを選択できます。

動くステッカーもありますよ。

Gboardでステッカーを入力する

Gboardの入力方法を変える

ローマ字入力をする

Gboardでローマ字入力をする場合の設定です。

Gboardの設定から言語(12キー)を選択し日本語(12キー)をタップします。

次に設定画面の上部にある「QWERTY」にチェックをいれ(①)、12キーのチェックを外します(②)。最後に右下の完了をタップします(③)。

Gboardでローマ字入力をする

これでローマ字入力が出来るようになりました。

Gboardでローマ字入力

手書きで入力する

Gboardでは手書きで入力することも可能です。

Gboardの設定画面で上部の「手書き」にチェックを入れて(①)完了をタップします(②)。

Gboardの手書き設定を行う

仮想キーボードの下にある地球儀のアイコンをアップします。

Gboardの地球儀アイコンをタップする

手書きで入力します。

Gboardに手書きで入力する

Gboardのデザインを変更する

Gboardは仮想キーボードのデザインを変更することが出来ます。また、この時にキーの外枠を付けることも出来ます。

Gboardの仮想キーボード上部にあるテーマアイコンをタップするか、設定から「テーマ」を選択します。

Gboardのテーマの変更

お好みのテーマを選択しましょう。

Gboardのテーマ選択画面

キーに外枠をつけたい時は「キーの外枠」のタップしてスイッチをオンにします。

Gboardのテーマ設定

片手モードに設定する

片手で入力したいけど画面が大きくて難しい時は、「片手モード」に設定するとキーの配置が左右に寄って片手でのフリック入力がやりやすくなります。

文字種キー(あa1)を長押しすると右上に片手モードのアイコンが現れるので、そのまま指を片手モードのアイコンまでスライドさせます。

そして指を離すと片手モードになり仮想キーボードが片方へ寄っています。

Gboardの片手モードの設定の仕方

片手モードになった時に右側あるいは左側の空いたスペースに現れる「>」または「<」をタップすると、仮想キーボードが反対側の方へ移動します。スマホを持つ手によって設定を変えましょう。

Gboardの片手モードを右側に移動する

片手モード時に現れる横のスペースの一番下のアイコンをタップすると、少しだけ仮想キーボードの大きさを変えたり、移動させることが出来ます。微調整したい時に活用しましょう。

片手モードを微調整する

片手モードへの切り替えは仮想キーボード右上のメニューをタップして表示される、片手モードのアイコンをタップすることでも可能です。

Gboardをメニューから片手モードに切り替える
よしため

自分が入力しやすいようにいろんな設定を試してみてね。

貯めて使える。便利でお得な楽天スーパーポイントで楽しさアップ!
スマホのアプリを確認

使わないと損!Android搭載の標準メモ帳アプリGoogle Keepのやさしい使い方